コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンゼン=ロスコーの法則 ブンゼン=ロスコーのほうそくBunsen-Roscoe's law

2件 の用語解説(ブンゼン=ロスコーの法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブンゼン=ロスコーの法則
ブンゼン=ロスコーのほうそく
Bunsen-Roscoe's law

光化学反応を起す物質の量は,物質に吸収された光の強さと照射時間に比例するという法則。 1820年に T.グロッス,45年に J.ドレーパーによって,物質に吸収された光のみが光化学反応を起しうるという定性的表現が提示されていたが,57年ドイツの化学者 R.ブンゼンと H.ロスコーが定量的に見出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブンゼンロスコーのほうそく【ブンゼン=ロスコーの法則 Bunsen‐Roscoe’s law】

相反法則reciprocity law,相反則ともいう。光化学変化を起こす物質の量Pは,光の強さIと照射時間tの両方に比例するというもの。すなわち,PItと表される。 1857年にR.W.ブンゼンとロスコーHenry Enfield Roscoe(1833‐1915)によって提唱された。これは,光化学反応が光の吸収を含む第1段階のみで終結するような単純なものについて成立するものだが,現在では光化学の第2法則(光化学当量の法則)から導かれるので必要でなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone