コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンゼン‐ロスコーの光化学の法則 Bunsen-Roscoe's law of photochemistry,law of reciprocity

1件 の用語解説(ブンゼン‐ロスコーの光化学の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ブンゼン‐ロスコーの光化学の法則【Bunsen-Roscoe's law of photochemistry,law of reciprocity】

相反法則*とも呼ばれる光化学反応において,変化する物質の量は,生成物質による二次的な妨害がなければ,吸収された光の強度とその照射時間の積に比例する.写真などの感光材料の場合なら,標準的な現像処理を行う限り,露光された感光材料の光学密度は,露光時間と光の強さの積に比例する.生物学の場合には同じ内容のものがブロッホの法則*と呼ばれる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブンゼン‐ロスコーの光化学の法則の関連キーワード光化学反応アインシュタインの光化学当量の法則グロートゥス‐ドレイパーの法則光化学第一法則光化学第二法則相互性の法則(光化学)総熱量一定の法則相反則相反法則(光化学)ロスコー‐ブンゼンの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone