コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンゼンバーナ Bunsen burner

翻訳|Bunsen burner

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブンゼンバーナ
Bunsen burner

ブンゼン灯ともいう。ガス燃焼装置。 1855年ドイツの化学者 R.ブンゼンが発明した実験用燃焼器具。都市ガス,プロパンガスを燃やしてをつくり,高熱を得る。空気孔があり,ノズルから噴出するガスは,この孔から空気を取込んで管を上昇し,管口で燃焼して炎となる。炎は内炎外炎とに分れる。内炎は水素や一酸化炭素を含んでいて還元性があり,還元炎ともいい,外炎は酸素,二酸化炭素,水蒸気を含み,酸化炎ともいう。空気量が調節できるようになっている。十分に空気を吸込んだガスの炎は,円錐状に安定する。内炎は青ないし青緑色に輝き,外炎は青紫色を呈する。内炎付近は,およそ 1800℃の高温,外炎はおよそ 1400℃となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブンゼンバーナの関連キーワードF.von ウェルスバハバイルシュタイン反応ウェルスバハ赤火バーナーガスバーナー化学実験ガス事業ストーブバーナー炎色反応

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android