コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンゼン電池 ブンゼンでんち Bunsen cell

1件 の用語解説(ブンゼン電池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブンゼン電池
ブンゼンでんち
Bunsen cell

1841年ドイツの化学者 R.ブンゼンが発明した一次電池。起電力は約 2V。硫酸に亜鉛を浸した陰極側と,硝酸に炭素を浸した陽極側とが素焼きの板をはさんで組合わされている。自己放電が多く,取扱いが不便なので,現在はあまり用いられない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブンゼン電池の関連キーワード西ドイツブンゼンブンゼン=ロスコーの法則アストリンゼンブンゼンバーナーブンゼン反応統一ドイツ桜門ドイツ文学会ブンゼン‐ロスコーの法則ロスコー‐ブンゼンの法則

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone