コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンゼン電池 ブンゼンでんちBunsen cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブンゼン電池
ブンゼンでんち
Bunsen cell

1841年ドイツの化学者 R.ブンゼンが発明した一次電池起電力は約 2V。硫酸に亜鉛を浸した陰極側と,硝酸に炭素を浸した陽極側とが素焼きの板をはさんで組合わされている。自己放電が多く,取扱いが不便なので,現在はあまり用いられない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブンゼン電池の関連キーワードグローブ(William Robert Grove)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android