ブーダン運動(読み)ブーダンうんどう(英語表記)Bhoodan Yajna Movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーダン運動
ブーダンうんどう
Bhoodan Yajna Movement

1951年4月 A.ブハーベが始めたインド農業の平和的改造運動。ブーダンとは土地寄進の意味で,地主が自主的に寄進した余剰地を土地のない農業労働者に配分するもので,この運動はのちに農地の細分化を避け,農業経営の合理性を確保するため,村落共同所有 (グラムダン) 運動に発展した。精神主義的であって,共産主義に対抗する面をもっていた。 66年1万 8000の村落がグラムダンを宣言し,約1万 6000km2の土地が寄進されたが,この頃から運動は事実上停滞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android