コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブートニア ぶーとにあboutonniere

翻訳|boutonniere

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブートニア
ぶーとにあ
boutonniere

背広など上着の襟のボタン・ホールに挿す花、または小さな花束。もともと上着の襟のボタン・ホールは、花を挿すためにかがられたもので、昔はフラワー・ホールflower holeとよばれ、この穴に花を飾った。昔も今も、男性がこのフラワー・ホールにカーネーションやバラを一輪飾ったりする光景は、結婚式などでみられる。新郎が新婦の手にする花束と同じ花を飾ったり、色直しのときなど、花嫁がドレスにマッチする花束を持つが、その場合も新郎は同じ花を上着のラペル(下襟)のフラワー・ホールに飾ったりする。[市川久美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デジタル大辞泉の解説

ブートニア(boutonniere)

襟元のボタン穴にさす花飾り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブートニアの関連キーワードブーケ襟元

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブートニアの関連情報