コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プサンメティコス[1世] Psammetichos I

世界大百科事典 第2版の解説

プサンメティコス[1世]【Psammetichos I】

古代エジプト第26(サイス)王朝初代の王。在位,前663ころ‐前609年ころ。下エジプトの,ネイト女神の聖地であったサイスの豪族ネコの子。初めアッシリア帝国の傀儡(かいらい)であったが,のち完全に独立,エチオピア(カッシュ)の勢力をエジプトから一掃し,また諸侯の力を抑えて全土を統一,エジプト人による最後の栄光と繁栄とをエジプトにもたらした。しかし,このためにギリシア人やカリア人の傭兵を多く用いたので,政局安定後も彼らは軍の枢要の位置を占め,またナウクラティスをギリシア人のための自由港とせざるをえなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のプサンメティコス[1世]の言及

【エジプト】より

…前8世紀後半ナイル第4急湍地方のナパタに興ったエチオピア人の王がエジプトを征服(第25王朝),アメン信仰の復興など文化の再建に努めるが,前671年アッシリア王エサルハドンにタハルカTaharqa王が追われ,エジプトはアッシリア帝国の一部となる。しかし将軍プサンメティコス(プサメティコス)1世がイオニア人傭兵の援助でアッシリアから自立(第26王朝),文化の復興のため古王国時代の芸術・言語・文字を模倣した復古主義を推進した。王はイオニア人傭兵をデルタに植民させ,のちアアフメス(アマシス)2世Aahmes IIがメンフィスに都を移したが,ギリシア人商人のため植民市ナウクラティスの建設を許可,ギリシア交易の独占権を与え,経済の復興の一助とした。…

※「プサンメティコス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android