コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プシュワラ プシュワラPrzywara, Erich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プシュワラ
Przywara, Erich

[生]1889.10.12. カトビッツ
[没]1972.9.28. ムルナウ
ドイツの神学者,哲学者。 1908年イエズス会に入る。アウグスチヌス,N.クザーヌスの説をもとに,神と被造物の関係から類比的に種々の対立を解釈した宗教哲学,文化哲学の著書多数。"Analogia entis" (1932) ,"Humanitas" (52) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プシュワラの関連キーワード森鴎外内閣総理大臣黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼メネリク[2世]ウェーリー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android