コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プシュワラ Przywara, Erich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プシュワラ
Przywara, Erich

[生]1889.10.12. カトビッツ
[没]1972.9.28. ムルナウ
ドイツの神学者,哲学者。 1908年イエズス会に入る。アウグスチヌス,N.クザーヌスの説をもとに,神と被造物の関係から類比的に種々の対立を解釈した宗教哲学,文化哲学の著書多数。"Analogia entis" (1932) ,"Humanitas" (52) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プシュワラの関連キーワード森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼メネリク[2世]

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android