コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化哲学 ぶんかてつがくKulturphilosophie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化哲学
ぶんかてつがく
Kulturphilosophie

アルベルト・シュバイツァーの未完の著作。第1部『文化の退廃と再建』 Verfall und Wiederaufbau der Kultur (1923) ,第2部『文化と倫理』 Kultur und Ethik (23) 。ここで「生への畏敬」の倫理が展開され,さらに第3,第4部で詳論されるはずであったが,シュバイツァーの死去により未完に終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんか‐てつがく〔ブンクワ‐〕【文化哲学】

《〈ドイツ〉Kulturphilosophie文化科学の諸原理について考察する哲学。文化の本質や成立要因を明らかにするために、その構造や発展法則などを研究対象とする。新カント学派リッケルトらによって形成された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんかてつがく【文化哲学】

ウィンデルバントの用語。未来の文化の理想を掲げ、現在の文化を評価する規範を基礎づけ、過去の文化を理解することを課題とする哲学の一分科。広義には、精神哲学に等しい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

文化哲学の関連キーワードドーソン(Christopher Henry Dawson)シュタイン(Ludwig Stein)クリストファー・ヘンリー ドーソンブラガ(Lucian Blaga)エードゥアルト シュプランガーオスヴァルト シュペングラーアルベルト シュバイツァールードヴィヒ シュタインペーター ペーターゼンケルシェンシュタイナーオルテガ・イ・ガセットL. コラコフスキH. リッケルトウィンデルバントセオドア リットシュペングラーシュプランガー高木 友三郎コワコフスキL. ブラガ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文化哲学の関連情報