文化哲学(読み)ぶんかてつがく(英語表記)Kulturphilosophie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化哲学
ぶんかてつがく
Kulturphilosophie

アルベルト・シュバイツァー未完の著作。第1部『文化の退廃再建』 Verfall und Wiederaufbau der Kultur (1923) ,第2部『文化と倫理』 Kultur und Ethik (23) 。ここで「生への畏敬」の倫理が展開され,さらに第3,第4部で詳論されるはずであったが,シュバイツァーの死去により未完に終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんかてつがく【文化哲学】

ウィンデルバントの用語。未来の文化の理想を掲げ、現在の文化を評価する規範を基礎づけ、過去の文化を理解することを課題とする哲学の一分科。広義には、精神哲学に等しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんか‐てつがく ブンクヮ‥【文化哲学】

〘名〙 (Kulturphilosophie の訳語) 文化の本質・理念・原理や、文化発展の要因を研究し、また理想的な文化のあり方に照らして現存の文化形態とその意義を批判していく哲学。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文化哲学の関連情報