コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プトレマイオスの世界図 プトレマイオスのせかいず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プトレマイオスの世界図
プトレマイオスのせかいず

英語ではトレミーの世界図 Ptolemy's world mapという。 K.プトレマイオスの『地理学便覧』の写本 (15世紀頃) の第8巻に付してあった世界全図。原本は現存せず,彼自身が原図を作成したかどうかは不明。当時知られていた世界を表わしたもので,地球全表面の約4分の1を表わしてある。この本に述べてある2種の擬円錐図法のそれぞれで作図されたものがある。南北は今日の南緯 15°付近から北緯 60°付近までを含む。緯度は夏至の日の日照時間で示してあり,赤道は 12時となる。東西は,今日のカナリア諸島の付近を本初子午線とし,東向きに中国の西安 (当時の首都) の少し東を 180°としてある。これは実際の位置よりも 50°も東へ寄って表わされたことになる。彼は地球の大きさをポシドニオスの説によって 18万スタジア (約3万 3300km) としたので,実際より6分の1短いことになる。しかし,この世界図は,大航海時代まで最も権威あるものと考えられ,コロンブスやマゼランがアジアへは西回りのほうが近いと信じ,その探検を行う動機を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プトレマイオスの世界図の関連キーワードマルチン・ベハイムの地球儀

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android