プラスチック印刷(読み)プラスチックいんさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラスチック印刷
プラスチックいんさつ

プラスチックのフィルムシート,あるいはチューブ,缶,瓶などに施す印刷。おもに商品の商標や宣伝文などを印刷するもので,それぞれの商品価値を高め,美化するためである。日本では,1957年頃から行われ,紙の印刷に次ぐ大きな印刷媒体となった。プラスチックのうち印刷の対象になるのは,おもに塩化ビニルポリエチレンで,ほかにポリエステル,サラン,ポリアミド系などがある。フィルム状のものにはグラビア印刷,フレキソグラフ印刷,シート状のものにはシルクスクリーン印刷,ゴム版印刷,また成型品の場合はオフセット印刷,シルクスクリーン印刷が主で,特に凹凸のあるものには静電印刷を施す。これらの印刷に使われるインキに,溶剤と特殊樹脂を適当に組合せることによって,プラスチックの表面によく接着し,乾燥が早く,多色印刷も印刷後の加工も容易にできるのが特色。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android