プリエンプティブマルチタスク(読み)ぷりえんぷてぃぶまるちたすく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プリエンプティブマルチタスク

複数の命令を並行して実行するマルチタスクの方式の1つ。システム(OS)が各アプリケーションのCPU利用時間を割り振り、複数の処理を同時実行させる。UNIX系OSやWindows 95/NT以降は、プリエンプティブマルチタスクを採用している。Windows 3.1などは、OSがCPUを管理せずに、アプリケーション自らが処理を切り替える「ノンプリエンプティブマルチタスク」を利用している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

プリエンプティブマルチタスク

マルチタスクのひとつ。一度に複数のアプリケーションソフトを実行する際、オペレーティングシステムが各アプリケーションソフトに対し、CPUの利用時間を分割して強制的に割り振る。Windows NTWindows 2000以降のWindows系オペレーティングシステム、およびMac OSUNIXが採用。⇔ノンプリエンプティブマルチタスク ◇和製語。プリエンプティブ(preemptive)+ マルチタスク(multitask)。「非協調的マルチタスク」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報