コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルシャプラ Prushapura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルシャプラ
Prushapura

クシャン朝首都カニシカ王がこの地を首都と定めた。現在のパキスタンペシャワルにあてられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のプルシャプラの言及

【ペシャーワル】より

…また絹,綿,羊毛の手織物,ナイフ,皮革製品,銅器などの手工業は名高い。 古名はプルシャプラPuruṣapuraといい,その名は前8世紀からガンダーラ地方の中心都市として現れる。2世紀のクシャーナ朝のカニシカ王時代にはその首都となり,ガンダーラ美術が隆盛した。…

※「プルシャプラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

プルシャプラの関連キーワードガンダーラ美術バクトリア無著世親無着

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android