コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレドニゾロン ぷれどにぞろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレドニゾロン

ハイドロコーチゾン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のプレドニゾロンの言及

【コルチゾン】より

…そのため,共存する塩貯留作用(鉱質コルチコイド作用)をできるだけ抑え,かつ抗炎症作用をさらに増強することが要求され,多種類の合成副腎皮質ホルモンの研究が進められた。二重結合の導入によりプレドニゾン,プレドニゾロン,さらにフッ素と水酸基の導入でトリアムシノロン,水酸基の代りにメチル基を入れたデキサメサゾンなどの強力な化合物が使用されるようになった。注射剤として,効力持続のために,これらの水不溶性誘導体の懸濁液,ショックなどの緊急時に対して水溶性誘導体の水溶液がある。…

【制癌薬】より


[ホルモン類]
 ホルモン自身に直接抗癌性はないが,ホルモン依存性の性器癌,たとえば乳癌や前立腺癌の治療には,それぞれ男性または女性ホルモンが用いられる。造血器の癌に対してはグルココルチコイド製剤である,プレドニゾンやプレドニゾロンが他剤と併用して用いられることが多い。男性または女性ホルモン製剤そのままでは男性化ないし女性化の副作用が現れることが多いため,それらの副作用の少ない薬剤として乳癌治療にタモキシフェン(ノルバデックス)やメピチオスタン(チオデロン)が最近開発され,用いられている。…

※「プレドニゾロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プレドニゾロンの関連キーワード多発性動脈炎(顕微鏡的多発血管炎/結節性多発動脈炎)全身性エリテマトーデス(SLE/紅斑性狼瘡)特発性(免疫性)血小板減少性紫斑病(ITP)ステロイド外用剤の使い方と副作用急速進行性腎炎症候群先天性再生不良性貧血グルココルチコイド副腎皮質ホルモン剤悪性関節リウマチネフローゼ症候群筋ジストロフィー急性間質性肺炎シクロスポリンプロドラッグ多発性骨髄腫抗白血病薬ホルモン剤過敏性肺炎制癌剤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android