コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロキシサーバー ぷろきしさーばー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プロキシサーバー

社内ネットワークとインターネットとの接続地点で、社内クライアントからのリクエストを代行して両者の通信を中継するアプリケーション。Proxyとは「代理」の意味。インターネットから社内ネットワークへの不必要な通信は遮断する一方、社内ネットワークからインターネットに関してはユーザーやアプリケーションを特定してアクセス制御を行なう。FTPやTelnet、Gopherなどのプロキシサーバーもあるが、単にプロキシといった場合、HTTPでの通信を中継する「HTTPプロキシ」を指すことが多い。プロキシサーバーの通信代行以外の機能としては、読み込んだデータを一時的に保存する「キャッシュ」が挙げられる。たとえばHTTPプロキシでは、ユーザーがアクセスしたWebページを保管しておくことで、2回目以降のアクセスが高速化される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

プロキシサーバー

プロバイダーや企業が所有している中継用のサーバーです。プロキシサーバーで通信内容をチェックしてセキュリティを守る、誰かがアクセスしたウェブサイトのページを次の人はプロキシサーバーからすばやく受信できるようにする、などの用途で使われます。
⇨キャッシュ、サーバー

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

プロキシサーバーの関連キーワードアプリケーションゲートウェイアンチウイルスゲートウェイ統合Windows認証プロキシ・サーバーゲートウェイ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android