コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーティエン特別市 プーティエンPutian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーティエン〔特別市〕
プーティエン
Putian

中国華東地方,フーチエン (福建) 省東部の市。2市区と2県から成る。プーティエン地区の行政中心地から 1983年にプーティエン市となったが,さらに 88年省轄市に昇格した。シンホワ (興化) 湾の西岸を占め,海岸線は複雑で丘陵が迫っているが,ムーラン (木蘭) 渓の下流に比較的広い平野が開ける。水稲,サツマイモ,サトウキビなどのほか果樹の栽培が盛んで,「興化桂園」と呼ばれる干しリュウガンと,びわ羊羹を特産する。漁業と製塩が盛んで,エビ,イシモチタチウオ,ハゼ,マナガツオ,ハマグリ,マテガイなどを水揚げする。マンガンの埋蔵がある。造船,食品 (製糖,缶詰,搾油) ,化学,機械,電子などの工業があるが,なかでも靴の生産が盛んで「靴城」の名がある。ムーラン渓左岸にある城関鎮は,明・清代には興化府の府治であった。人口 262万 5364,うち市区人口 31万 1332 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android