ヘイク(読み)へいく(英語表記)hake

翻訳|hake

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘイク
へいく
hakemerluccid hake

硬骨魚綱タラメルルーサ科Merlucciidaeの魚類の英名。スペイン語でメルルーサmerluzaという。日本ではメルルーサやメル、産地によっては英名のヘイクでも流通している。Merluccius merlucciusMerluccius hubbsiMerluccius australisなどおよそ13種の総称である。大西洋の両側、インド洋の最南西部、東太平洋、ニュージーランドに分布し、おもに陸棚斜面に生息する。体は細長くて、側扁(そくへん)する。背びれは2基、臀(しり)びれは1基で、第2背びれと臀びれの基底は著しく長く、後部縁辺は浅くくぼむ。尾びれの後端は湾入形または截形(せっけい)。底魚として重要な水産資源であり、鮮魚、冷凍、切身、乾燥、塩蔵、缶詰、フィッシュミール(魚粉)などで取引される。日本では切身はフライにされて、ファーストフード店、給食などでよく利用されている。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android