コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイル ヘイル Geyl, Pieter

3件 の用語解説(ヘイルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘイル
ヘイル
Geyl, Pieter

[生]1887.12.15. ドルトレヒト
[没]1966.12.31. ユトレヒト
オランダの歴史家。ゲイルとも呼ばれるライデン大学で歴史を学んだのち,ジャーナリストを経てロンドン大学教授となった。 1935年以降ユトレヒト大学で近代史の教授として多数の著作を発表し,自国の歴史について新しい見解を数多く提示し,また多くの弟子を養成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヘイル【Pieter Catharinus Arie Geyl】

1887‐1966
オランダの歴史家。ガイルともいう。1906‐11年ライデン大学でオランダ語学・文学を学び,学位を得る。《新ロッテルダム新聞》のロンドン特派員(1914‐19)ののち,ロンドン大学でオランダ史講座教授(1919‐36),帰国してユトレヒト大学教授(1936‐58)。第2次世界大戦中の40‐44年,占領ドイツ軍への非協力により収容所生活を送った。名著《ネーデルラント民族史》(3巻。1930‐37)は,ベルギーフランドル(フランデレン)運動に触発され,国民主義史観を排してベルギーのフラマン語地域を包含する統一的なネーデルラント文化圏の成立と発展を中世以降のネーデルラント史のなかに立証し,〈大ネーデルラント主義〉の先駆となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘイル
へいる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘイルの関連キーワードオランダ東インド会社オランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ海芋オランダ渡りダッチ歴史家オランダの罠オランダの犯罪オランダの日系2世

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘイルの関連情報