コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイル Geyl, Pieter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘイル
Geyl, Pieter

[生]1887.12.15. ドルトレヒト
[没]1966.12.31. ユトレヒト
オランダの歴史家。ゲイルとも呼ばれる。ライデン大学で歴史を学んだのち,ジャーナリストを経てロンドン大学教授となった。 1935年以降ユトレヒト大学で近代史の教授として多数の著作を発表し,自国の歴史について新しい見解を数多く提示し,また多くの弟子を養成した。他方,ベルギーのフラマン語地域を含めた歴史的・文化的統一を指摘して大ネーデルラント主義を唱え影響を与えた。『ネーデルラント民族史』 Geschiedenis van de Nederlandse Stam (6巻,1930~37) が代表的著作である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘイル【Pieter Catharinus Arie Geyl】

1887‐1966
オランダの歴史家。ガイルともいう。1906‐11年ライデン大学でオランダ語学・文学を学び,学位を得る。《新ロッテルダム新聞》のロンドン特派員(1914‐19)ののち,ロンドン大学でオランダ史講座教授(1919‐36),帰国してユトレヒト大学教授(1936‐58)。第2次世界大戦中の40‐44年,占領ドイツ軍への非協力により収容所生活を送った。名著《ネーデルラント民族史》(3巻。1930‐37)は,ベルギーのフランドル(フランデレン)運動に触発され,国民主義史観を排してベルギーのフラマン語地域を包含する統一的なネーデルラント文化圏の成立と発展を中世以降のネーデルラント史のなかに立証し,〈大ネーデルラント主義〉の先駆となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘイル
へいる

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘイルの関連キーワードアフリカン・アメリカン音楽アヘイル石(データノート)アレクサンデル・ハレンシスグリーンコンシューマーP.C.A. ガイルマーク ラザフォードグエムル/漢江の怪物ブラック・カントリーウイリアム カットジョルスン再び歌うL. ヘイルシャム偽装亡命者キリルゴスペル・ソングランズベリーダルリンプル9月17日自由土地党アンケット6月29日アヘイル石

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘイルの関連情報