コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッセルマン機関 ヘッセルマンきかん Hesselman engine

2件 の用語解説(ヘッセルマン機関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘッセルマン機関
ヘッセルマンきかん
Hesselman engine

1930年にスウェーデンの K.ヘッセルマンによって考案された多種燃料機関で,ガソリン機関ディーゼル機関の中間的な性格の機関。まず空気のみを圧縮し,圧縮行程の後半に燃料を椀状燃焼室内に噴射し,それより少し遅れて電気放電により火花を点火して混合気を点火燃焼させる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘッセルマン機関
へっせるまんきかん
Hesselman engine

液体燃料を燃焼室内に噴射して、電気火花で点火する往復動式内燃機関の一種。1925年ごろ、スウェーデンのジョナス・ヘッセルマンK. Jonas Hesselman(1877―1957)が開発の先鞭(せんべん)をつけた。とくにガソリン、重油、軽油以外の多種の燃料(重質油、魚油、大豆油など)が使用できる多種燃料機関として開発された。ヘッセルマン考案のエンジンは吸入弁にデフレクターをつけて、吸入空気がシリンダー内で回転運動をおこすようにし、ピストンの上面周辺を高くして高温に保ち、未気化燃料の気化を促進し、気化しない燃料がピストン上面からピストンとシリンダーの間を通ってクランク室に流入するのを防止している。圧縮比や最高圧力はガソリン機関とほぼ同じである。またガソリンエンジンと同様に、吸入空気量を負荷に応じて調節し、空気と燃料の割合(空燃比)を適当な範囲に保たせている。1935年ごろからしばらく使用されたが、ガソリンなどの供給が多くなるにつれて使用されなくなった。現在は軍用のエンジンとして、多種燃料を利用できる利点を生かした改良開発が続けられている。[吉田正武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘッセルマン機関の関連キーワードスウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン室内管弦楽団スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone