コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッセン=ダルムシュタット Hessen-Darmstadt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘッセン=ダルムシュタット
Hessen-Darmstadt

ドイツ旧領邦ヘッセン方伯領の一部。 1567年フィリップ・フォン・ヘッセンが遺言により領土を4人の息子に分割した結果生れた。中西部ドイツに位置するダルムシュタットを首都とし,君主は方伯の位を保ったが,1806年ナポレオン1世の保護下で大公国に昇格し,ライン同盟に加入。ウィーン会議後は,ヘッセン=カッセルとともにドイツ連邦の一構成国となり,その際マインツ,ウォルムスなどの新領土を加えた。 20年自由主義的な憲法が制定され,28年にはプロシア関税同盟に加入。プロシア=オーストリア戦争の際オーストリア側についたため,若干の領土を失ったが,ドイツ統一後もその一分邦としての存在を認められた。 1918年に最後の大公エルンスト・ルートウィヒが退位するまで続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘッセン=ダルムシュタットの関連キーワードアレクサンドラ・フョードロブナリュッセルスハイムマインツ大司教領ニコライ2世ガーゲルンヘッセン州カッセルモッツ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android