コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘトゥム Hethum I; Haithon; Getoom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘトゥム
Hethum I; Haithon; Getoom

[生]1201
[没]1272
キリキアの小アルメニア王 (在位 1224~69) ,アジア旅行家。 1254年モンゴルのモンケ (蒙哥) に朝貢のため出発。ボルガ河畔にバトゥ (抜都) をたずねたあと,北回りで9月 13日大ハンの宮廷に到着,翌日謁見した。 11月1日に帰途につき,天山の北から西トルキスタンを通って,55年7月に帰国した。その見聞同名のアルメニアの歴史家の著作に詳しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘトゥムの関連キーワードタルサ在位朝貢

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android