コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘネラリーフェ庭園 ヘネラリーフェていえん

1件 の用語解説(ヘネラリーフェ庭園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘネラリーフェていえん【ヘネラリーフェ庭園】

スペイン南部のアンダルシア地方、グラナダGranada)のアルハンブラ宮殿の中、カサレアルの東につくられた離宮の庭園。イベリア半島最後のムーア人の王朝(ナスル朝)の、王の夏の別荘として14世紀に小規模の離宮とともに整備された広大な庭園である。シエラネバダ山脈雪解け水を利用して、たくさんの池と噴水がつくられ、全長50mの水路があるパティオ(Patio de Acequia)には、噴水とバラの花園が絶妙のバランスをつくり出している。庭園内の展望台からは、白壁と茶色の屋根の家が立ち並ぶアルバイシンの丘を一望できる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘネラリーフェ庭園の関連キーワードグアダルキビル川アルバイシンアンダルシアアンダルシア協奏曲ポデンコ・アンダルースセビリャアンダルスシエラ・モレナ[山脈]アンダルシア風アンダルーズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone