コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘブラ Ferdinand Ritter von Hebra

2件 の用語解説(ヘブラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヘブラ【Ferdinand Ritter von Hebra】

1816‐80
オーストリアの皮膚科学者。近代皮膚科学の祖。ウィーン学派創立者の一人。ブルノで生まれ,グラーツ大学を経て,1841年ウィーン大学を卒業。臨床をJ.スコダに,病理学をK.vonロキタンスキーに学び,当時あまり関心のもたれていなかった皮膚疾患に注目し,皮膚科学の確立に努力。45年ウィーン大学皮膚科主任,69年同教授。湿疹や疥癬(かいせん)について研究し,それまでの病原説を改め,治療しうることを示した。病理解剖学的立場から皮膚疾患の系統的分類を行い,紅色粃糠疹(ひこうしん)や疱疹状膿痂疹について記載した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘブラ
へぶら
Ferdinand Ritter von Hebra
(1816―1880)

オーストリアの皮膚科学者。近代皮膚科学を樹立した。ウィーン学派創立者の一人。ブリュン生まれる。グラーツ大学を経て、ウィーン大学で医学を学び、1841年に卒業。一般臨床を内科医のスコーダに、病理学を病理解剖学者のロキタンスキーに学び、1845年ウィーン大学皮膚科主任、1869年同教授。当時あまり関心のもたれていなかった皮膚におこる疾患に注目し、皮膚科学を独立した体系とした。湿疹(しっしん)や疥癬(かいせん)について研究し、それまでの病原説を改め、これらを治療しうることを示した。病理解剖学的立場から皮膚疾患の系統的分類を行い、紅色粃糠(ひこう)疹や疱疹(ほうしん)状膿痂(のうか)疹について記載した。その皮膚科学書や図譜は、その後の基本となった。日本の土肥慶蔵(どひけいぞう)は皮膚科学をカポシMoritz Kaposi(1837―1902)に学んだが、カポシはヘブラの高弟で、したがって、日本にもヘブラの皮膚科学が導入され定着したといえる。[長門谷洋治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘブラの関連キーワードオーストリア学派土肥慶蔵ハン皮膚科オーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストリーカポジー肉腫オーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘブラの関連情報