コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘブラ Ferdinand Ritter von Hebra

世界大百科事典 第2版の解説

ヘブラ【Ferdinand Ritter von Hebra】

1816‐80
オーストリアの皮膚科学者。近代皮膚科学の祖。ウィーン学派創立者の一人。ブルノで生まれ,グラーツ大学を経て,1841年ウィーン大学を卒業。臨床をJ.スコダに,病理学K.vonロキタンスキーに学び,当時あまり関心のもたれていなかった皮膚疾患に注目し,皮膚科学の確立に努力。45年ウィーン大学皮膚科主任,69年同教授。湿疹や疥癬(かいせん)について研究し,それまでの病原説を改め,治療しうることを示した。病理解剖学的立場から皮膚疾患の系統的分類を行い,紅色粃糠疹(ひこうしん)や疱疹状膿痂疹について記載した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘブラ
へぶら
Ferdinand Ritter von Hebra
(1816―1880)

オーストリアの皮膚科学者。近代皮膚科学を樹立した。ウィーン学派創立者の一人。ブリュンに生まれる。グラーツ大学を経て、ウィーン大学で医学を学び、1841年に卒業。一般臨床を内科医のスコーダに、病理学を病理解剖学者のロキタンスキーに学び、1845年ウィーン大学皮膚科主任、1869年同教授。当時あまり関心のもたれていなかった皮膚におこる疾患に注目し、皮膚科学を独立した体系とした。湿疹(しっしん)や疥癬(かいせん)について研究し、それまでの病原説を改め、これらを治療しうることを示した。病理解剖学的立場から皮膚疾患の系統的分類を行い、紅色粃糠(ひこう)疹や疱疹(ほうしん)状膿痂(のうか)疹について記載した。その皮膚科学書や図譜は、その後の基本となった。日本の土肥慶蔵(どひけいぞう)は皮膚科学をカポシMoritz Kaposi(1837―1902)に学んだが、カポシはヘブラの高弟で、したがって、日本にもヘブラの皮膚科学が導入され定着したといえる。[長門谷洋治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ヘブラ

生年月日:1816年9月7日
オーストリアの皮膚科医
1880年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ヘブラの関連キーワードHebrew Language Kitゼバスティアン ミュンスターハイム・ナフマン ビアリックエリエゼル ベン‐イェフダR. ウェルブロウスキーE. ベン・イェフーダミシュナ・ヘブライ語エフライム ハレビ皮膚粘膜眼症候群ベン・イェフーダ多形滲出性紅斑イディッシュ語アレッポ写本ハッチンソンヘブライ文学ミュンスターヘブライズムハルハバイトヘブライ文字ベン=ユフダ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android