コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥慶蔵 どひけいぞう

6件 の用語解説(土肥慶蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土肥慶蔵
どひけいぞう

[生]慶応2(1866)
[没]1931
日本の現代皮膚泌尿器科学の先駆者。越前府中の藩医石渡宗伯の次男に生れ,土肥を継いだ。 1890年東京帝国大学卒業,93年ヨーロッパに留学,98年に帰国後,東京帝国大学教授となり,皮膚病梅毒学泌尿器科学講座を担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どひ‐けいぞう〔‐ケイザウ〕【土肥慶蔵】

[1866~1931]医学者。福井の生まれ。東大教授。皮膚病の発見および治療法、梅毒の伝播経路の研究で貢献。著「皮膚科学」「世界黴毒(ばいどく)史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土肥慶蔵 どひ-けいぞう

1866-1931 明治-昭和時代前期の皮膚科学者。
慶応2年6月9日生まれ。ドイツ留学後,明治31年東京帝大教授。33年日本皮膚科学会,38年日本性病予防協会を創設。泌尿器科学の皮膚科学からの独立をはかり,性病予防の啓蒙(けいもう)につとめた。昭和2年学士院賞。昭和6年11月6日死去。66歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。帝国大学卒。本姓は石渡。号は鶚軒(がくけん)。著作に「皮膚科学」「世界黴毒(ばいどく)史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

どひけいぞう【土肥慶蔵】

1866‐1931(慶応2‐昭和6)
日本近代皮膚科学の確立者。梅毒の伝播の研究をはじめ,医史学面でも大きな業績を残す。福井県生れ。鶚軒(がつけん)と号する。東大卒業後欧州に留学,F.vonヘブラに就き欧州の正統的な皮膚科学を日本にもち帰り,1898年東大教授となり,皮膚科学,性病学,さらには泌尿器科学とその診療を独立させた。新しい皮膚疾患の記載をなすとともに,治療法を開拓し,教科書や図譜の出版を行い,日本皮膚科学会を創始した。またムラージュ(蠟標本)を導入,皮膚病像の忠実な再現をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どひけいぞう【土肥慶蔵】

1866~1931) 医学者。福井県生まれ。号、鶚軒。東大教授。種々の新皮膚病を発見するほか、「世界黴毒史」を著すなど医学史にも業績を残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土肥慶蔵
どひけいぞう
(1866―1931)

医学者。日本の近代皮膚科学を確立し、性病予防に努めた。梅毒の伝播(でんぱ)経路の研究など医史学面での業績も大きい。福井県生まれ。顎軒(がっけん)と号す。1890年(明治23)帝国大学医科大学卒業。1893年ヨーロッパに留学し、カポシMoritz Kaposi(1837―1902)につき正統的な皮膚科学を日本に移入した。1898年東京帝国大学教授となり、皮膚科学と性病学を大成し、診療科として独立させ、さらに泌尿器科学を分離・独立することに意を用いた。新しい皮膚疾患の記載をなすとともに、治療法を開拓し、日本の症例をもとにした教科書や図譜の出版を行った。日本皮膚科学会を創始し、その会誌を創刊するとともに、日本花柳病予防会をおこして、啓蒙(けいもう)的な雑誌の発刊を通じて性病予防に尽力し、さらに、らい(ハンセン病)予防にも努力した。ムラージュ(ろう標本)の技法を導入、皮膚病像の忠実な再現を行った。梅毒の新大陸発生説を唱え、古代発生説を排した。中央衛生会委員、癌(がん)研究会(現、がん研究会)副会頭などを歴任し、学士院賞を受けた。主著に『皮膚科学』『日本皮膚病黴毒(ばいどく)図譜』『世界黴毒史』がある。[長門谷洋治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土肥慶蔵の言及

【ヘブラ】より

…その後の基本となった皮膚科学書や図譜を上梓した。日本の皮膚科学も,ヘブラの弟子であるカポジMoritz Kaposi(1837‐1902)のもとに学んだ土肥慶蔵により,ヘブラのそれが導入され,定着した。【長門谷 洋治】。…

※「土肥慶蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土肥慶蔵の関連キーワード獣医学脳梅毒皮膚科三浦謹之助フレネルの光伝播の法則乾癬の会佐藤邦雄遠山郁三松本信一ヘブラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone