コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘモレオロジー hemorheology

世界大百科事典 第2版の解説

ヘモレオロジー【h(a)emorheology】

生体物質についてのレオロジーをバイオレオロジーbiorheologyといい,その対象は血液,血管,骨格筋,平滑筋,骨,軟骨,関節,子宮頸管粘液,喀痰,眼球,細胞分裂,原形質流動など多方面にわたる。なかでも研究が最も盛んに行われているのは血液,血管に関するレオロジーで,これをとくにヘモレオロジーという。血液は塩類とタンパク質を含む血漿に,変形性に富む血球成分が高濃度に懸濁している液体で,特異な流動的性質を示し,血管壁の粘弾性特性,心臓の拍出特性と相まって血圧,血流量などに大きな影響を及ぼす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android