ヘリカルCT(読み)ヘリカルシーティー

百科事典マイペディアの解説

ヘリカルCT【ヘリカルシーティー】

新しい技術によるCTスキャンの一つ。X線管球を螺旋(らせん)状に連続回転させながら,被験者の寝台を一定速度で移動させることによって,短時間で3次元画像を得られる。 これによって,直径1cm以下の小さな肺癌(がん)でも見つかるようになり,早期発見に役立っている。また,循環器系では,X線造影剤を静脈注射して動脈・静脈の血流をみる検査などに応用されている。ただし,ヘリカルCTは1台4億円以上する高額な機械のため,設置している病院も少なく,1回当たりの料金は従来のCTよりも高い。 新しいタイプのCTには,このほかに電子ビーム方式がある。これは,X線管球を回転させる代わりに電磁石を使うもので,ふつうのCTでは不可能な心臓静止画像も撮影できる。 現在では,ヘリカル方式は頭頸部,肺,腹部の血管疾患,電子ビーム方式は心臓,胸部大血管疾患など,部位や疾患によってCTを使い分けている。→断層撮影
→関連項目がんもどき(医学)胸腔鏡下手術

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android