コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルマン・フォン・ザルツァ Hermann von Salza

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルマン・フォン・ザルツァ【Hermann von Salza】

1170ころ‐1239
ドイツ騎士修道会第4代総長。1209年に総長に選出され,ドイツ騎士修道会を聖地からトランシルバニアに移し,その地での活動に失敗したのちはフリードリヒ2世から26年にリミニで黄金印勅書を受け,プロイセンでの活躍の法的基礎をつくった。30年にはチェプラノで,対立していた皇帝と教皇の間をとりもち,ドイツ騎士修道会のプロイセンにおける地位を確保した。34年にはプロイセンの伝道地を教皇の保護下におき,皇帝・教皇の両者からの保護をとりつけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヘルマン・フォン・ザルツァの言及

【ドイツ騎士修道会】より

…皇帝やエルサレム王の厚遇を得て,オリエントや西欧各地,とくにドイツに所領の寄進をうけ,ドイツ騎士修道会の規模は大きくなっていった。やがて聖地における軍事行動の可能性が消えたとき,第4代の騎士修道会総長ヘルマン・フォン・ザルツァはおりからハンガリー王アンドラーシ2世から招聘をうけ,トランシルバニアのクロンシュタット(現,ブラショブ)近くにクマン族と戦うべく入植した。しかしドイツ騎士修道会はこの地で独自の国家形成の姿勢をみせたために国王と対立し,撤退を余儀なくされた。…

※「ヘルマン・フォン・ザルツァ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘルマン・フォン・ザルツァの関連キーワード延応伊王野城モンフォールヘルマン[ザルツァ]今鏡トマス・ベケット今鏡新田荘イルカの追い込み漁天下りのあっせん

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android