ヘルムート ワルヒャ(英語表記)Helmut Walcha

20世紀西洋人名事典の解説

ヘルムート ワルヒャ
Helmut Walcha


1907.10.27 - 1991.8.11
ドイツのオルガン奏者,ハープシコード奏者。
元・フリーデン教会オルガン奏者,元・ドライケーニゲ教会オルガン奏者,元・フランクフルト国立高等音楽学校教授。
ライプチヒ生まれ。
16歳の時失明。1922〜27年ライプチヒ音楽院でギュンター・ラミンに師事。’26年聖トーマス教会オルガン奏者、’29年フリーデン教会オルガン奏者、’44年ドライケーニゲ教会オルガン奏者を歴任。又この間’38〜72年フランクフルト国立高等音楽学校教授を務め、’77年引退。みごとな構成力と精神性の表出を一致させたバッハ解釈により、常に20世紀のもっとも優れたバッハ解釈者として高い評価と尊敬を集め、バッハのオルガン曲全曲を2度にわたり録音した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android