コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルメス柱像 ヘルメスちゅうぞう herms

2件 の用語解説(ヘルメス柱像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルメス柱像
ヘルメスちゅうぞう
herms

前面に巨大な男根,また左右の面に腕の浅痕を刻み出した四角柱上に,古くは有鬚のヘルメス神の頭部を載せた石柱。ヘルメス信仰と関係して,古代ギリシアにおいては交通安全や戸口を守る神ヘルメス・プロピュライオスとして,路傍や聖域および私宅の入口に置かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ヘルメスちゅうぞう【ヘルメス柱像】

〔ヘルメス神の道標の形から〕
頭と首が丸彫りで肩から下は角柱の像。ヘルマイ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルメス柱像の関連キーワード大腿四頭筋衛府督蛙の面に水兄弟は左右の手なり四衛背幅マトマタキラット庫内前面層タトーイングブロー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone