コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルメス柱像 ヘルメスちゅうぞうherms

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルメス柱像
ヘルメスちゅうぞう
herms

前面に巨大な男根,また左右の面に腕の浅痕を刻み出した四角柱上に,古くは有鬚のヘルメス神の頭部を載せた石柱。ヘルメス信仰と関係して,古代ギリシアにおいては交通安全や戸口を守る神ヘルメス・プロピュライオスとして,路傍や聖域および私宅の入口に置かれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヘルメスちゅうぞう【ヘルメス柱像】

〔ヘルメス神の道標の形から〕
頭と首が丸彫りで肩から下は角柱の像。ヘルマイ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ヘルメス柱像の関連キーワードヘルマイ道標

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android