コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンゼン Hensen, Victor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンゼン
Hensen, Victor

[生]1835.2.10. シュレースウィヒ
[没]1924.4.5. キール
ドイツの生理学者。 1871~1911年キール大学教授。プランクトンという語を初めて用いた人で,1899年に大西洋のプランクトン調査を指導した。また胎生学および,感覚器,特に耳の解剖と生理の研究で知られている。内耳のヘンゼン細胞やヘンゼン管は彼の名をつけたもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘンゼンの関連キーワードビクトル ヘンゼン2月10日内胚葉神経管脊索

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android