コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘントの祭壇画 ヘントのさいだんが Ghent Altarpiece

1件 の用語解説(ヘントの祭壇画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘントの祭壇画
ヘントのさいだんが
Ghent Altarpiece

ベルギー,ヘント (ガン) のサン・バボン大聖堂にある H.ファン・アイクと J.ファン・アイク兄弟による祭壇画。ネーデルラント・ルネサンスの記念碑であるこの祭壇画は『黙示録』による神秘の小羊への礼賛の主題を中心に,キリストマリア,聖者,預言者などを描いた大小 12枚のパネルから成る多翼祭壇画で,内側中央部の構想と草案が兄フーベルトに帰され,その構想によりながら内側両側面と裏側を完成したのが弟ヤンとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘントの祭壇画の関連キーワード熱エネルギーヘントアネルギーガンバボーイサン・トワ・マミーベルギーホワイトベルギービールエネルギーレベルエネルギー・レベルベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘントの祭壇画の関連情報