コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・アイク ファン・アイク Van Eyck, Hubert

3件 の用語解説(ファン・アイクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファン・アイク
ファン・アイク
Van Eyck, Hubert

[生]1366頃
[没]1426.9.18.
フランドルの画家。初期フランドル絵画の創始者。 J.ファン・アイクの兄。『ヘントの祭壇画』 (ヘント,サン・バボン大聖堂) の外側枠のラテン語の銘文からこの作品に着手したことが知られる。しかし,銘文を後世の偽作とする説があり,またほかに彼の生涯や作品に関する確実な資料がないため彼の存在を否定する説もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ファン・アイク
ファン・アイク
Van Eyck, Jacob

[生]1590頃
[没]1657. ユトレヒト
オランダリコーダー奏者,作曲家。ユトレヒトの盲人で,カリヨンオルガン,リコーダーの名手であった。 1654年アムステルダムで『笛の楽園』を出版した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ファン・アイク
ファン・アイク
Van Eyck, Jan

[生]1395以前. マーサイク
[没]1441.7.9以前. ブリュージュ
フランドルの画家。初期フランドル絵画の創始者。フーベルト・ファン・アイクの弟。1422~24年ハーグでオランダのヨハネス伯に仕え,1425年ブルゴーニュフィリップ善良公の宮廷画家となり,1429年末までリールに居住,1431年以降ブリュージュに定住した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファン・アイクの関連キーワード階乗Nエヌ頃・比没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファン・アイクの関連情報