ヘンリッチ・ウィルヘルム・カール クノー(英語表記)Heinrich Wilhelm Carl Cunow

20世紀西洋人名事典の解説

ヘンリッチ・ウィルヘルム・カール クノー
Heinrich Wilhelm Carl Cunow


1862 - 1936
ドイツの経済学者,社会学者,人類学者。
元・ベルリン大学教授。
シュウェーリン生まれ。
1917年〜23年にかけて、ドイツ社会民主党機関誌ノイエ・ツァイト」の編集に携わる。第一次世界大戦後のドイツ革命で樹立されたワイマール共和国のもとで、’19年ベルリン大学教授に迎えられ、また、民族博物館長も兼任するが、後にナチスに追われた。主な著書に「婚姻及家族の原史について」(’12年)、「マルクスの歴史・社会および国家理論」(2巻、’20〜21年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android