ヘンリー・N. ラッセル(英語表記)Henry Norris Russell

20世紀西洋人名事典の解説

ヘンリー・N. ラッセル
Henry Norris Russell


1877.10.25 - 1957.2.18
米国の天文学者。
元・プリンストン大学教授,元・プリンストン大学天文台台長。
ニューヨーク州生まれ。
1897年プリンストン大学卒業後、カーネギー財団の援助でケンブリッジ大学に留学する。帰国後、1905年母校のプリンストン大学の講師となり、’11年同大学教授に就任、’12〜47年には同大学天文台台長も兼任。この間、’34〜37年にはアメリカ天文学会長を務める。ヘルツシュプルング=ラッセル図の発案者として知られるほか、スペクトルの分析による太陽・恒星大気の研究、恒星進化論、太陽系起源論など多大な業績を残す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android