コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘーブラ Hebra, Ferdinand von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘーブラ
Hebra, Ferdinand von

[生]1816.9.7. ブルュン
[没]1880.8.5. ウィーン
オーストリアの皮膚科医。現代皮膚科学の基礎を築いた新ウィーン学派の創始者。 1841年ウィーン大学医学部卒業。近代病理解剖学の先駆者 K.ロキタンスキーの影響を受け,皮膚科学にロキタンスキーの方法論を導入,45年に皮膚疾患の分類を発表した。彼の見解は,体液の異常を重視する従来の体液病理学を否定し,皮膚疾患を局所の刺激との関連でとらえようとするものであった。多形滲出性紅斑 (ヘーブラ病ともいう) ,ヘーブラ紅色粃糠疹,ヘーブラ痒疹などを記載するほか,複合硫黄軟膏,単鉛硬膏,ヘーブラ軟膏などを創案,応用した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘーブラの関連キーワード紅皮症

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android