コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイリー

百科事典マイペディアの解説

ベイリー

英国の批評家。作家から転向,最初の評論《ロマン主義の生き残り》(1957年)ではイェーツオーデン,D.トマスの作品にロマン主義の再興を見る。英国の伝統的な批評スタイルで作者の自我と作品の関わりを論じ,《愛の登場人物》(1960年),《トルストイと小説》(1966年),《プーシキン》(1971年),《分断効用》(1976年)などを発表,幅広い批評活動を展開。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ベイリーの関連キーワードA.ハッピー コードウェルコリーヌ・ベイリー レイミシャ メンゲルベルグエティエン ストットパートタイム・ラバーアサンテ サミュエルトニー オックスレーオールド・フォークスアイリス マードックレニー マクブラウンマイケル ムアコック恋は愚かと言うけれどチャンプ ベイリーマイク バーニカーイージー・ラヴァーカルクシティ5からの脱出アイ・ウォナ・ノウフランク ヘインズスター・ウィルス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベイリーの関連情報