ベステローレン諸島(読み)べすてろーれんしょとう(英語表記)Vesterlen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベステローレン諸島
べすてろーれんしょとう
Vesterlen

ノルウェー北西部の沿岸、ノルウェー海に浮かぶ島嶼(とうしょ)群のうち、北半部のヒンネイHinny島、ランゲイLangy島、アンデヤAndya島と、それらの属島を含めた諸島。南半部はロフォーテン諸島とよばれる。周囲の海はノルウェーでもっとも豊かな漁場の一つで、タラ、オヒョウ、ニシンなどがとれる。ヒンネイ島北東部の町ハールスターHarstad(人口2万3177、2002)には、ノルウェー最大のニシン油の精製工場および魚肉工場がある。[竹内清文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android