コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベセラ Francisco Becerra

世界大百科事典 第2版の解説

ベセラ【Francisco Becerra】

1545ころ‐1605
スペインの建築家。トルヒーリョ生れ。16世紀のラテン・アメリカにヨーロッパの建築理論や工法,技術,様式を直接に伝えた。修道会や政府に属さず一個の民間人として働いた最初の人物。1573‐80年メキシコに滞在し,プエブラ大聖堂(1575)等を設計。エクアドルのキトに滞在後,82年からペルーのリマとクスコの両大聖堂を設計。プラテレスコ様式よりも純粋ルネサンス理論に基づく作品を残した。【加藤 薫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベセラの関連キーワードレオ11世チェリーニフョードル2世ルートウィヒトリエント公会議ファルネーゼ植物園パウルス(3世)パレ鎌田政近

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベセラの関連情報