コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベセラ Francisco Becerra

世界大百科事典 第2版の解説

ベセラ【Francisco Becerra】

1545ころ‐1605
スペインの建築家。トルヒーリョ生れ。16世紀のラテン・アメリカにヨーロッパの建築理論や工法,技術,様式を直接に伝えた。修道会や政府に属さず一個の民間人として働いた最初の人物。1573‐80年メキシコに滞在し,プエブラ大聖堂(1575)等を設計。エクアドルのキトに滞在後,82年からペルーのリマとクスコの両大聖堂を設計。プラテレスコ様式よりも純粋ルネサンス理論に基づく作品を残した。【加藤 薫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ベセラの関連キーワードレオ11世チェリーニフョードル2世ルートウィヒトリエント公会議ファルネーゼ植物園パウルス(3世)パレ鎌田政近

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android