コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きと キト

デジタル大辞泉の解説

き‐と

[副]
動作が瞬間的に行われるさま。急に。とっさに。
「御輿を寄せ給ふに、このかぐや姫―影になりぬ」〈竹取
特に意図せずにある動作をするさま。思わず。ふと。
「―寝入りたりけるに」〈梁塵秘抄口伝・一〇〉
ゆるみなく、厳しく動作をするさま。きつく。しっかり。
「蛇を鷲爪(わしづめ)を以てつかみて、―引きて踏まふれば」〈今昔・二九・三三〉
必ず。確かに。
「その鳥―参らせよ」〈弁内侍日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きと

( 副 )
決意・意志などがはっきりしているさま。必ず。きっと。 「申すべきことあり。-立ち寄り給へ/平家 3
きびしく申しつけるさま。きっぱりと。きっと。 「しかじかせよと-言ひ教へて/おらが春」
態度などがゆるみのないさま。きびしいさま。きっと。 「かの物いふ目の瞳を-わが面に注ぎしときは/文づかひ 鷗外
何げなしに。ふと。ちょっと。 「きよみつさまのこと、-思ひ出られて/御伽草子・しくれ」
唐突なさま。すばやいさま。 「此のかぐや姫-影になりぬ/竹取」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

きとの関連キーワード口籠る・口篭る・口籠もる地垂木・地棰大沼国定公園エレミヤ書からすき星性融法親王えらえらに示差的特徴山祇・山神富士五湖小野川湖息だはし底寂しいきときと肩摩轂撃葉守の神辺塞詩人入母屋堰塞湖山中湖

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きとの関連情報