コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベゼクリク千仏洞 ベゼクリクせんぶつどう

1件 の用語解説(ベゼクリク千仏洞の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベゼクリクせんぶつどう【ベゼクリク千仏洞】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区、トルファン(吐魯番)市街の東約45km、火焔山(かえんざん)の中腹にある仏教遺跡で、同自治区を代表する石窟(せっくつ)寺院の一つ。この千仏洞は、この地に漢族の高昌国(5~7世紀にシルクロードの中継地として栄えた都市国家)があった6世紀ごろに開削、創建され、その後ウイグル族の支配地になった西ウイグルの時代まで存続した寺院である。この地がすっかりイスラム化した14世紀ごろに廃棄された。現在、57の石窟が残っており、そのうち40の石窟に当時の壁画が残っている。この遺跡から15kmほどのところに、高昌故城がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone