コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千仏洞 センブツドウ

2件 の用語解説(千仏洞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんぶつ‐どう【千仏洞】

断崖の岩壁を掘り、内部に仏像を彫刻したり壁画を描いたりした石窟寺院1900年に発見された、中国敦煌(とんこう)のものが有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の千仏洞の言及

【甘粛[省]】より

… この地の名勝古跡などで最も有名なものは敦煌の石窟であろう。この敦煌莫高窟,一般には千仏洞の名で知られるこの地の490余の洞窟群は,4~14世紀にかけて掘られた石窟寺,すなわち横穴式の寺院であるが,そこにある大量の壁画と仏像は,中国の歴史や美術にとっては貴重な資料であって,この石窟は中国三大石窟芸術宝庫の一つといわれている。また,天水には,約7000余の仏像がある麦積山石窟と高さ27mの石仏座像のある永靖炳霊寺石窟とがあり,これらはいずれも約1500年の歴史を有している。…

※「千仏洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千仏洞の関連情報