コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッテル[湖] Vättern

世界大百科事典 第2版の解説

ベッテル[湖]【Vättern】

スウェーデン第2の湖で,面積1912km2。幅30km,北北東南南西に136kmと細長く,この方向は基盤岩の破砕帯に支配されている。湖面標高88m,最大水深31m。約1万年前に氷河前縁にできた湖である。イェータ運河で西はベーネル湖からイェーテボリへ,東はモータラ川Motalaälvaを経てバルト海に通じる。周囲は農地と森林で,南にスモーランドSmåland山地がある。付近には航空機,自動車,織物などの重・軽工業の町がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ベッテル[湖]の関連キーワードスウェーデン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android