コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェータ運河 イェータうんがGöta Kanal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェータ運河
イェータうんが
Göta Kanal

スウェーデン南部を横断し,ベーネルン湖をバルト海に結び,さらにイェータ川エーテボリからストックホルムへの内陸航路を可能とする運河。ベッテルン,ベーネルンなどの大小の湖沼を連結し,全長 384km,そのうち 88kmが人工運河である。 1607年に西半が,1832年に全部が開通した。深さ 3m,底幅 15mであるため大型船舶は通行できない。水の高低により 58ヵ所に水門が設けられ,特に滝のあるトロルヘッタンでは落差 50mを水門の開閉により水量を調節し,船を通す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イェータ運河【イェータうんが】

スウェーデン南部,カテガット海峡側のイェーテボリとバルト海岸のセーデルシェピングを結ぶ運河。イェータ川,ベーネル湖,ベッテル湖などを利用,全長約385km。運河部分は全長約88km,幅約15m,深さ3m,1832年に完成。
→関連項目イェーテボリベッテルン[湖]ベーネル[湖]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イェータ運河
いぇーたうんが

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイェータ運河の言及

【イェーテボリ】より

…市の中心街にはグスタブ・アドルフ広場を中心に古い建造物が立ち並び,オランダ風の運河など17世紀の都市景観をのこしている。18世紀に繁栄期を迎え,19世紀には同市を基点とするトロルヘッテ運河,イェータ運河を経てバルト海とも結ばれ,また鉄道・道路網等の交通の要所として,19世紀末には近代的都市に成長した。現在,スカンジナビア屈指の造船業のほか,ボールベアリング,自動車工業など重工業を中心としたスウェーデン第2の工業都市であり,世界に知られた自動車会社ボルボVolvoの本社がある。…

【ベッテル[湖]】より

…約1万年前に氷河前縁にできた湖である。イェータ運河で西はベーネル湖からイェーテボリへ,東はモータラ川Motalaälvaを経てバルト海に通じる。周囲は農地と森林で,南にスモーランドSmåland山地がある。…

【リンヒェーピング】より

…12世紀に司教座が置かれ,中世には大商業都市であったが,1700年の大火以来しばらく振るわなかった。しかし1832年イェータ運河が全通して以後復活した。街は美しく,中心部にはスウェーデンの代表的彫刻家C.ミレス(1875‐1955)の手になる噴水と彫像がある。…

※「イェータ運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イェータ運河の関連キーワードイェンヒェーピングベッテルン[湖]リンヒェーピングベッテル[湖]エンチェピングベーネル[湖]ベッテルン湖

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android