コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッテルン湖 ベッテルンこ Vättern

2件 の用語解説(ベッテルン湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッテルン湖
ベッテルンこ
Vättern

スウェーデン南部にある湖。面積は 1912km2で,ベーネルン湖の約3分の1にすぎないが,スウェーデン第2の湖。最大水深 128m。 1832年のイェータ運河の開通に伴い,湖沼岸の地域が発達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベッテルン湖
べってるんこ
Vttern

スウェーデン南部にある湖。ベーネルン湖に次ぎ同国で二番目に大きく、面積1912平方キロメートル、最大水深119メートルの断層起源の湖。水質がよく、透明度が高い。周辺都市の重要な水道水源となっている。風光明媚(めいび)のため、湖岸に多くの別荘が建ち、観光・保養地ともなっている。[田口雄作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベッテルン湖の関連キーワードイェータ運河スウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone