コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッテルン湖 ベッテルンこVättern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッテルン湖
ベッテルンこ
Vättern

スウェーデン南部にある湖。面積は 1912km2で,ベーネルン湖の約3分の1にすぎないが,スウェーデン第2の湖。最大水深 128m。 1832年のイェータ運河の開通に伴い,湖沼岸の地域が発達した。湖畔のエンチェピングムータラには工業が発達し,バドステナには聖ブリジット女子修道院 (14世紀) とグスタフ1世の城 (16世紀) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベッテルン湖
べってるんこ
Vttern

スウェーデン南部にある湖。ベーネルン湖に次ぎ同国で二番目に大きく、面積1912平方キロメートル、最大水深119メートルの断層起源の湖。水質がよく、透明度が高い。周辺都市の重要な水道水源となっている。風光明媚(めいび)のため、湖岸に多くの別荘が建ち、観光・保養地ともなっている。[田口雄作]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベッテルン湖の関連キーワードエステルイェトランド県イョンチョーピングスウェーデン建築エンチェピング県スカーラボリ県メーラレン湖スモーランドイョータ運河モータラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android