コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッドフォードシャー ベッドフォードシャー Bedfordshire

翻訳|Bedfordshire

2件 の用語解説(ベッドフォードシャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッドフォードシャー
ベッドフォードシャー
Bedfordshire

イギリスイングランド中南部の旧県名。1997年にルートンが単一自治体(ユニタリー unitary authority)となって分離し,2009年にセントラルベッドフォードシャーベッドフォードの 2単一自治体に分割されて廃止。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベッドフォードシャー
べっどふぉーどしゃー
Bedfordshire

イギリス、イングランド南東部、ウーズ川中流域を占めるカウンティ(県)。面積1192平方キロメートル、人口38万1571(2001)。県都ベッドフォード。1997年ルートン地区がユニタリー・オーソリティー(一層制地方自治体)として分離した。南端部を南西―北東方向にチルターン丘陵が走る。北部の低地は肥沃(ひよく)な農業地帯で、農地は全面積の半分に達する。主要作物は小麦で、牛乳、野菜をロンドンに出荷する。居住の歴史は旧石器時代にさかのぼり、南の丘陵が中心であったが、現在は低地へも広がった。自動車、農機具などの工業もある。[井内 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベッドフォードシャーの関連キーワードイギリス東インド会社イングランドイギリス国教会イギリスオランダ戦争英蘭テムズヘースティングズ城グレトナ・グリーンHastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベッドフォードシャーの関連情報