コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベティ・ブープ Betty Boop

1件 の用語解説(ベティ・ブープの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベティ・ブープ【Betty Boop】

アメリカの短編漫画映画シリーズ史上,最もセクシーヒロイン。1915年,M.フライシャー(フライシャー兄弟)が人気歌手ヘレンケーンの顔をモデルに生み出した。30年代の漫画映画におけるセックスシンボルとなり,エロティックでときにはややグロテスクな笑いをふりまいた。メイ・クエステルが声を演じ,boop‐doop‐a‐doopという彼女の口調が人気を呼んだ。《ベティ白雪姫》《ベティの家出》など短編多数。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のベティ・ブープの言及

【フライシャー兄弟】より

ポパイ,ベティ・ブープなどの人気キャラクターをスクリーンに生かしたアメリカのアニメーション作家兄弟。兄のマックス・フライシャーMax Fleischer(1883‐1972)はオーストリアのウィーン生れ。…

※「ベティ・ブープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベティ・ブープの関連情報