コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーン 〈ラオ〉khen

デジタル大辞泉の解説

ケーン(〈ラオ〉khen)

ラオスの笙(しょう)の一種。管長は1メートル前後から2メートル以上のものもある。管は筏(いかだ)形に2列に並んでおり、その中間に風箱がある。同類の楽器としてタイ・カンボジアのケン、カレン族(ミャンマー)のキェンなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ケーン

ラオス,タイ東北部のフリー・リードの管楽器。民俗楽器。管の中に金属製のフリー・リードが付いた長い竹管(旋律用と持続音用)を2列に束ね,すべての竹管に共通の一つの吹口を用いる。
→関連項目モーラム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケーン【khen】

タイ北方からラオスにかけて分布する自由気鳴楽器(イラスト),すなわちフリー・リードをもった管楽器である。日本のと同様に,多数の細長い竹の管を横に配列して束ね,それに吹口のついた(ふくべ)を取り付けたものである。異なる点は,日本の笙が細竹17本からなるのに対して,ケーンは6本,14本あるいは16本のものがあること,また,匏が笙のように下についているのではなく,束ねた管の途中にあることである。吹口から息を吹きこむと,それぞれの管の根元にある銀製の小片(リード)が振動して音が出る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ケーン【cane】

つえ。ステッキ。
竹・サトウキビ・シュロなどの茎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケーン
けーん
khene

管楽器。ラオスなどインドシナ半島内陸部の笙(しょう)。長さ70~90センチメートル、長いもので2メートル前後の竹の管が7本ずつ2列に並び、その中間に風箱(かぜばこ)(木製が多い)がある。リードは真鍮(しんちゅう)製が多い。風箱のすこし上に各管一つずつある指孔を閉じ、風箱の一端にある吹口から吹く、または吸うことで、その管の音を鳴らす。2本1組で、7組の管のうち6組はそれぞれ8度に、残り1組は同一音に調律され、普通この1組を同時に奏する。民俗舞踊や歌、語物の伴奏に広く用いられる。[卜田隆嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のケーンの言及

【笙】より

…貴州省のミヤオ族やトン族では芦笙の楽隊が組織されている。なお東南アジアの笙にはラオスのケーンkhen,タイ,カンボジアのケンkhaenがある。【増山 賢治】。…

【笙】より

…貴州省のミヤオ族やトン族では芦笙の楽隊が組織されている。なお東南アジアの笙にはラオスのケーンkhen,タイ,カンボジアのケンkhaenがある。【増山 賢治】。…

【ラオス】より

… 音楽は芸能や踊り,宗教儀式と結びついて行われることが多く,通過儀礼,年間行事など,民衆の生活に欠かせない。器楽合奏としては,古典芸能や儀式に用いられる,大楽団のセープ・ニャイsep gnai(タイのピー・パート編成に相当)と,代表的な民俗楽器ケーン(14管の笙)を含む小楽団のセープ・ノーイsep noi(タイにならってマホーリーとも呼ばれる)がある。一般に器楽よりも声楽の方が好まれており,セープ・ノーイ(とくにケーン)は日常的な歌や踊りの伴奏に用いられる,よりポピュラーな合奏である。…

※「ケーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケーンの関連キーワードブルー・アイド・ソウル[blue eyed soul]ハーマン(Bernard Herrmann)仮面ライダーウィザード/ハリケーンドラゴンウェルズ(Orson Welles)ワイズ(Robert Wise)バーナード ハーマンジョゼフ コットンオーソン ウェルズプリンスルーパート七賢人(ギリシア)スポケーン交響楽団ドロレス ケーン仮面ライダー鎧武戦艦ポチョムキンディフェンバキアベティ・ブープベティ・ブープ勝手にしやがれマスプラットドラグナー1

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケーンの関連情報