コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニボタル Lycostomus modestus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニボタル
Lycostomus modestus

鞘翅目ベニボタル科。体長9~14mm。全体黒褐色ないし黒色で体は扁平で軟らかい。頭部は小さく,口吻状に前方に突出する。触角は 11節から成り,第5~10節は鋸歯状。前胸背は黄褐色毛を密生し,前縁は前方に突出し,中央に縦溝がある。上翅は暗赤色で各4条縦隆起があり,全面に赤色微毛を密生する。本州,四国,九州,中国に分布する。ベニボタル科 Lycidaeは小~中型,扁平で軟らかい甲虫で,頭部は小さい。触角は 11節から成り,鋸歯状,櫛状,鰓状または羽毛状のものが多い。上翅には縦隆起があり,赤褐色,黄褐色などの微毛を密生する。肢の 跗節は5節。昼間活動し,花上などに多くみられる。日本産は約 40種。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニボタル
べにぼたる / 紅蛍
[学]Lycostomus modestus

昆虫綱甲虫目ベニボタル科に属する昆虫。日本各地のほか千島列島、中国にも分布する。体長9~14ミリ。体は長めで平たく、後方へ広がる。黒褐色で上ばねは暗色であるが赤い短毛を密生し、各四隆条をもち、間はしわ状。頭は吻(ふん)状に伸びる。成虫は夏季に山地の花上に多くみられる。
 ベニボタル科Lycidaeは広く世界各地に分布し、小形から中形の軟弱な体をもつ平たい甲虫で、約3500種が知られており、日本からは約100種が記録されている。体は多少とも平たくて長く、普通、後方へ広がり、上ばねには3、4条の隆条があって間が格子状から網目状のことが多く、前胸背面もしばしば数室にくぎられる。成虫は樹葉上や花上にみられるが、幼虫は肉食らしく、樹皮下や朽ち木、落葉中から発見される。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベニボタルの関連キーワード中禅寺紅蛍櫛角紅蛍条黒紅蛍天狗紅蛍茶色花蛍角胸紅蛍角背紅蛍細紅蛍北紅蛍菱紅蛍紅蛍