コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニモズク Helminthocladia australis Harvey

世界大百科事典 第2版の解説

ベニモズク【Helminthocladia australis Harvey】

本州・四国・九州沿岸に広く分布し,低潮線下の岩上に生育する,粘質に富むが弾力性のある紅藻綱ベニモズク科の海藻(イラスト)。朝鮮半島,オーストラリア,インド洋にも分布する。体は円柱状ないし扁平で,広い部分は1~1.5cmになり,枝を各方面に出し,全長15~45cmになる。枝はかなり広開し,長い枝と短い枝が混在する。似た種類のホソベニモズクH.yendoana Naritaは長さ10~30cm,太さ0.3~1.2cmと体が小型であること,皮層をつくる細胞糸が約160μmの長さで,ベニモズクの約300μmより短いことなどで区別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ベニモズクの関連キーワードウミゾウメン(海素麺)ウミゾウメン(海素麵)ベニモズク(紅水雲)チスジノリ(血条苔)ウミゾウメン(植物)ウミゾウメン(海藻)オキチモズク索麺海苔海索麺海素麺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android