ベニモズク(英語表記)Helminthocladia australis Harvey

世界大百科事典 第2版の解説

ベニモズク【Helminthocladia australis Harvey】

本州・四国・九州沿岸に広く分布し,低潮線下の岩上に生育する,粘質に富むが弾力性のある紅藻綱ベニモズク科の海藻(イラスト)。朝鮮半島,オーストラリア,インド洋にも分布する。体は円柱状ないし扁平で,広い部分は1~1.5cmになり,枝を各方面に出し,全長15~45cmになる。枝はかなり広開し,長い枝と短い枝が混在する。似た種類のホソベニモズクH.yendoana Naritaは長さ10~30cm,太さ0.3~1.2cmと体が小型であること,皮層をつくる細胞糸が約160μmの長さで,ベニモズクの約300μmより短いことなどで区別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android