コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベブレン効果 ベブレンこうかVeblen effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベブレン効果
ベブレンこうか
Veblen effect

みえ (虚栄) の消費効果をいう。通常は価格が上昇 (下落) すれば需要は減少 (増加) するとされるが,これにはいくつかの例外があることが今日ではよく知られている。ギッフェンの逆説もその一つであり,ここにいう T.B.ベブレンの主張する見せびらかすための消費 conspicuous consumptionもその一つである。こうした消費の対象となる虚栄をかきたてるような財,たとえば宝石の場合,価格の上昇はかえって消費の増大を招くことになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ベブレンこうか【ベブレン効果】

通常、需要は価格の上昇に伴って減少するが、衒示げんじ的消費などの場合、価格が上昇すると逆に需要が増加すること。 → 衒示的消費

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のベブレン効果の言及

【衒示的消費】より

…たとえば,きわめて高価な商品を社会的威信をうるために消費するような現象がそれにあたる。T.ベブレンが《有閑階級の理論》(1899)でこうした種類の消費を論じたことにちなみ,〈ベブレン効果Veblen effect〉ともよばれる。ベブレンによれば,上層階級は生活維持のための労働を免れており,政治,軍事,宗教,スポーツあるいは学問などの活動にもっぱら従事する。…

【需要】より

…さらに,所得弾力性が正値をとる財は正常財,負値をとる財は下級財と定義され,交差弾力性が正となる2財は互いに代替財(厳密には粗代替財),負となる2財は互いに補完財(厳密には粗補完財)と呼ばれる。 なお,このほかに,財の全体的消費量が個別需要に正の効果を及ぼすバンドワゴン効果,負の効果を及ぼすスノッブ効果,さらに財価格が高いほど見せびらかす効果が強まり需要に正の影響を与えるというベブレン効果などが知られている。【林 敏彦】。…

※「ベブレン効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ベブレン効果の関連キーワードデモンストレーション効果衒示的消費総効用

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android